どんなときに贈ったらいいの!?カタログギフトの上手な活用方法


贈りたい相手の今欲しいものが分からない時

一緒に住んでいる家族や頻繁に会う友人に贈り物をしたいときは、相手の欲しい物が何かなんとなくわかります。しかし、大人になり生活環境が変わると、会う頻度が減ります。そうすると、相手が今欲しい物が分からなくなります。相手に欲しい物を直接聞いても良いですが、気を遣って言えない場合もありますし、サプライズで贈りたい場合もあるでしょう。そんなときに、相手が自由に選べるカタログギフトは重宝します。贈る側も相手に喜んでもらえる物を贈りたいですし、貰う側も気兼ねなく好きな物を選べるので、お互いにメリットがあります。

相手のタイミングで美味しい食べ物を選んでほしい時

美味しい食べ物を贈りたいとき、もし冷凍だとしても相手の冷凍庫のスペースに余裕があるとは限りません。ましてや冷蔵だとしたら量によっては、賞味期限までに食べきれないケースもあります。贈ったタイミングが悪く、家族が旅行に行っていて食べられない人がいたなんてこともあるでしょう。また、相手の好みをすべて把握しているわけではないので、万が一苦手な食べ物を贈ってしまうこともあります。それを解決してくれるのが、カタログギフトです。カタログギフトなら贈られた側が好みの食べ物を選べるだけではなく、届けてほしいタイミングまで指定できるので、いいタイミングで美味しい物を食べることが可能になるのです。

毎年カタログギフトを贈っても間違いない

カタログギフトといっても食べ物だけに限定されているものや体験型のもの、ユニークなものや定番のものまで幅広い種類があります。同じカタログギフト内でも何千種類と選べることから、前贈ったものを忘れて同じものを贈ってしまうことがありません。また、貰った側も前頼んで良かったものをリピートできるのもメリットです。

カタログギフトとは、送り主が予算に合ったカタログを相手へプレゼントし、カタログの中かから欲しいものを自分で選んでもらうというシステムです。内祝い、引き出物、香典返しなどで利用されています。